触覚技術一覧

ここでは、触覚技術に関する研究やプロジェクトなどを順不同で一覧にしています。完全版は、Supporter専用コンテンツにて閲覧できます。



薄く柔軟なラテックスチューブ(厚さ0.1mm)で構成されたデバイスは、チューブ内に液体を流すことで指先へ触覚フィードバック(圧力、温度、振動)を提供します。リンク/記事



デバイス側ではなく、VR内の仮想オブジェクトをユーザに分からない程度に調整することで触覚を再現するUngrounded Haptic Retargeting技術を用いた研究です。リンク/記事



仮想オブジェクトを把握すると、空気圧で形状が変化し(膨らませ)触覚を生成するVR向け触覚フィードバックデバイスです。記事



低電力ブレーキベースのロックスライダーの作用を利用して、3本の指それぞれに抵抗を与えることでVR内のオブジェクトを再現する触覚デバイスです。リンク/記事



視覚障害者がVRでナビゲーションできるようにする白杖をシミュレーションした触覚杖コントローラです。リンク/記事



仮想オブジェクトを掴んだり握ったりした感触を再現する触覚フィードバック・デバイスで、静電引力に基づいて帯電した2枚の金属ストリップを制御する力覚フィードバックと、各指先の振動フィードバックを用います。リンク/記事



手首に装着する2つの無人機プロペラを回転させて、触覚フィードバックを発生させるウェアラブルインターフェースを提案します。記事



1台のハンドヘルドコントローラから重量と角度を動的に変化させることで、VR内の手持ちオブジェクトの様々な形状の触覚を再現するデバイスを提案します。リンク/記事



棒の両先端にロータユニットが備わった棒状デバイスで、VRコンテンツなどに応じて回転運動および直線運動を生成し触覚を再現します。リンク/記事



26個の空気圧式エアバッグを備えたVR向け触覚フィードバックジャケットで、それぞれが独立して膨張、収縮、振動し、VRと連動して力を提供します。リンク/記事


Microsoft HoloLensを装着し、ARオブジェクトの触覚をEMS(電気筋肉刺激)を用いて伝えるシステムです。リンク/記事



柔らかい空気圧アクチュエータを用いて、背中を押したり、こすったり、くすぐったりなど、複数の刺激モードを介して再現します。リンク/記事


人差し指に動作を加えてVR内の触覚を再現するハンドヘルドコントローラで、3つの異なる触覚(仮想物体の把持、仮想表面の接触、拳銃などのトリガ)を再現します。リンク/記事


想表面に触れると上下に動き、スライドさせると剪断力を与えるため回転する車輪を用いたホイール型ハンドヘルド式コントローラです。リンク/記事


モーションコントローラ同士を統合させ、特定の自由度や動きの方向を制限したり、固定したりすることで触覚を表現します。リンク/記事


6つのモーターとプロペラの推進力でVR内での抵抗力を提供するデバイスで、押したり引っ張ったりなど3次元の力を生成します。リンク/記事


仮想オブジェクトの重量をシミュレートするデバイスで、ライフルや拳銃、剣を再現します。リンク/記事


動画に含まれる画像や音から適切な加速度を推定し、視聴者に正確な振動触覚を与える事でより質の高い視聴体験を提供するニューラルネットワークモデルです。リンク/記事


隣り合って離れた2人が触覚付きARを利用しながら触覚付きのコミュニケーションをリアルタイムにとることができるシステムです。リンク/記事


縦12本×横24本の7mmピッチピンによって構成されている長方形のデバイスで、ピンの上下運動を利用して仮想オブジェクトの触覚を再現します。リンク/記事


同時に体験する2人ペアのVRユーザーに対し、別々のシチュエーションでありながら相互に関連する行動を紐付けて触覚を再現するアプローチです。リンク/記事


VRにおける仮想物体をつかんだときの「把握力」と「重さ」の2つをシミュレートする装着可能な触覚デバイスです。リンク/記事


指先に装着するもので、仮想オブジェクトを触ったと同時に圧迫、縦、横の3自由度で動作し、指の腹に感触を再現します。リンク/記事


 

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る