Seamless

V i r t u a l R e a l i t y

プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

執筆者:岩井大輔

 はじめまして。岩井大輔と申します。私は大阪大学の基礎工学研究科に所属し、工学的な立場からプロジェクションマッピングをテーマに15年近く研究をしています。この「プロジェクションマッピング技術の変遷」という連載では、私がこれまでの活動の中で見聞し、また研究開発してきた様々な技術を、万遍なく(を心がけたいですが、それなりに偏ったものになってしまうかもしれません)かつ詳しくご紹介することができればと思っています。

#1「プロジェクションマッピング作品を通して見る技術課題」
1 建築物へのプロジェクションマッピング
2 インタラクティブなプロジェクションマッピング
3 動的プロジェクションマッピング
4 まとめ

#2「プロジェクションマッピングの多様なアプリケーション」
1 照明の知能化
1.1 リビング照明の知能化
1.2 作業空間の照明の知能化
2 表面質感の編集
3 まとめ