コンピューターからの命令で小道具を持った黒子が移動しVR空間とリアル空間を連動させる「TurkDeck」

Patrick Baudisch教授が率いるドイツの研究室「The Human Computer Interaction Lab」は、最低限の小道具でVR空間とリアル空間を連動させる「TurkDeck」の実験内容を公開しました。Oculus Riftを装着したプレイヤーの行く先々で、周囲の人間(黒子)が壁などの小道具を駆使してVR内と同じように構築するというものです。

スクリーンショット 2015-11-12 1.33.30

11-compressor

小道具には、折りたたみ可能な壁、テーブル、椅子、棒などがあり持ちやすい工夫も施してあります。それを持って黒子たちが移動しセットを作り上げていきます。

1

スクリーンショット 2015-11-12 1.37.42

プレイヤーの頭には大きな認識装置が取り付けられており、頭上にスタンバイしているカメラで動きを追跡します。その動きに合わせて小道具をセットしていくのですが、いつどこに何をどういう形式でセットするのかという情報をコンピューターが黒子に指示をします。プレイヤーの追跡に合わせて8m頭上に設置してあるプロジェクターから番号と場所が床に投影され、音声によっても黒子に伝えられます。番号入りTシャツを着ている黒子たちは、コンピューターが計算した位置へと小道具片手に誘導されるわけです。

スクリーンショット 2015-11-12 1.32.22

2

今回の実験は、動画でも公開されていて、PDFではさらに詳細に内容が記述されています。同ラボは、というようなユニークな実験を他にも行っており、VR内の段差を感じさせる「Level-Ups」や(過去記事)、VRボクシングで打たれた感触を伝えるデバイス(過去記事)などがVR関連ではあります。

 

参考

TurkDeck – Hasso-Plattner-Institut

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る