セカンドライフ、製品版Oculus Rift販売と同時期にVR向けSecond Life「Sansar(アルファ版)」をリリース予定

Linden Labが開発したアバター同士が3D空間で交流できる「Second Life(セカンドライフ)」が、Oculus Rift向けのVR版「Sansar」を2016年中に正式リリースすることを発表しました。

スクリーンショット 2015-08-11 20.17.42

ヒンディー語で「世界」という意味のプロジェクトネーム「Sansar」からも、気合いが入っています。2016年1~3月発売の製品版Oculus Rift「Rift」の発売と同時期に、アルファ版「Sansar」をリリースするとのことです。

2

さて、アバター同士がVR内で交流するプラットフォームがここにきて加速してきたように思えます。需要が追いつくか分かりませんが、Linden Labの創立者Philip Rosedale氏が同社を辞めて立ち上げた新しいサービス「High Fidelity」も1750万ドルの資金調達に成功しましたし、アイコンタクトがとれる機能も追加した仮想空間プラットフォーム「AltspaceVR」も合計18億円以上も資金調達していますし、このジャンル、どうなるかとても楽しみです。

リンク

Could the Oculus Rift help give Second Life a second life? – Quartz

Create Virtual Experiences | Linden Lab

Oculus Riftで遊べるSecond Life、2016年末にリリース : ギズモード・ジャパン

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る