Seamless

Virtual Reality News

メニュー

VR内の仮想物体を感じる手の触覚フィードバック・システム「HaptX Gloves」のデモ映像が登場。数百の小さなエアポケットから精密な触覚を再現

米カリフォルニア州サンルイスオビスポと米ワシントン州シアトルに拠点を置くテクノロジーチーム「HaptX」は、VRにおける手の触覚フィードバックを備えたエンタープライズ向けハプティクス・システム「HaptX Gloves」のデモ映像を公開しました。

ユーザは、HaptX Glovesを装着してVR内の仮想オブジェクトに触れると、形状、動き、テクスチャ、温度を感じることができます。

Engadgetの記事によると、グローブは、何百もの小さなエアポケットで構成されており、VR内でオブジェクトに触れるとこれら気泡(触覚アクチュエータとも呼ばれる)が膨張し、実際の物体と同じように感じることができると言います。

指当たり最大5ポンド(約2.2kg)の力を提供することができ、特許も得ているとのこと。

デモ映像をみると、グローブには複数ケーブルが1つにまとめられた太いケーブルが伸びており、本体と思われるボックスに繋がっています。

また、例として、雨を手のひらで感じたり、手首の脈をとった時の感じだったり、手のひらに小さな狐が乗ってきた時の感じだったりが紹介されています。

同社は、以前AxonVRと言う社名で、同名のVRフルボディスーツを開発していました。(過去記事参照

 

関連

UCサンディエゴ、柔らかい外骨格によるロボット筋肉が装備されたVR触覚フィードバック・グローブ・プロトタイプを発表 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら