Seamless

Virtual Reality News

Appleが出願していた自動運転車内でVRを利用する特許が公開。ユーザの乗り物酔いの兆候を検知し緩和させる等

Appleが出願していた乗り物酔いをVRシステムで緩和させる特許が公開されました。

特許:IMMERSIVE VIRTUAL DISPLAY

本特許は、自動運転車での乗り物酔いに対して、その酔いを緩和させるVRアプローチを記載します。

VRシステムは、車両の外部センサと統合して、車外の視覚的手がかりと、ユーザが見るVR体験を一致させることができ、現実視点を仮想視点に置き換えることによってVR体験を提供することができます。車両制御システムや車両アクティブシステムとも統合し、ユーザの体験を向上させます。

また、VRシステムは、ユーザの不快感または乗り物酔いの兆候について監視することができ、脈拍、呼吸、眼の動き、発汗などを検知できるセンサから乗り物酔いの兆候を検出した場合、車両の動きを仮想体験と同期させ乗り物酔いを緩和させるのに役立てます。

もちろん、ユーザを没入させるVRゲームや、生産性を挙げるためアバターベースの複数仮想会議を行ったり、用途は多様です。

関連

Uberが出願する自動運転車内にて乗客の経験向上のためVRシステムを活用する特許が公開。車両上部のセンサ類からのデータと連動したコンテンツ等 | Seamless