Oculusが出願していたVR触覚デバイスの新特許が公開。仮想オブジェクトを触った時の皮膚伸縮を指先のギアやローラーで再現

OculusVRが出願していたVR/ARにおいて、仮想オブジェクトに接触した際の触覚フィードバックをシミュレートする新たな触覚デバイスの特許が公開されました。

特許:SKIN STRETCH INSTRUMENT

特許では、指先に装着できるスキンストレッチセンサを用いた触覚デバイスが示されます。キャリブレーションとして、最初に物理オブジェクトを触った時の皮膚伸縮のデータを記録します。

このデータをもとに、VR/ARシステムを組み合わせて、仮想オブジェクトを触った際の触覚を再現します。指先に整備する複数のギアとローラーを駆使して皮膚の伸縮をシミュレートする力を生成します。ギアおよびローラーの回転に関する情報も記録されデータベースに保存されます。

本デバイスを使用することで、例としてバスケットボール、花びら、子犬、マンゴー、モモ、ブドウ、イチゴなど、多様な触覚を再現することが可能としています。

以下、その他の画像です。

関連

EPFL、VR/AR向けに、こすったり、くすぐったり等の感触を再現する触覚スキンデバイスを開発中。柔らかい空気圧アクチュエータ使用 | Seamless