Google、現実空間上に白い線を立体的に描けるARCore向けARアプリ「Just a Line」リリース

Googleは、ARを使用して現実空間上に白い線を立体的に描けるARCore向け実験的アプリ「Just a Line」をリリースしました。

本アプリは、現実空間にスマートフォンにタッチしながら白い線を描けるシンプルなARアプリです。描いた絵を撮影することや、撮影しながら描くことも可能で、音声も録音されます。

ARCore対応のスマートフォンが必要なため、ARCoreをサポートするAndroid端末が必要になります。

 

関連

Googleらが投資する「Blue Vision Labs」、複数ユーザが共有可能なARコンテンツマップを構築できる「AR Cloud SDK」発表。早期アクセス募集中 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る