カーネギーメロン大学、3Dモデルから編み物としてプリントできる技術を発表。3Dデータを編み機ベースに自動変換するアルゴリズム

カーネギーメロン大学の研究者らは、3Dモデルを編み機の命令に自動変換するためのアルゴリズムを発表しました。

論文:Automatic Machine Knitting of 3D Meshes
著者:Vidya Narayanan、Lea Albaugh、Jessica Hodgins、Stelian Coros、Jim McCann

本稿は、3D形状にモデンリングしたデータを編み機ツールのために、ニットバージョンのデジタルモデルに変換することを可能にするアプローチを提案します。

これにより、3Dでモデリングしたメッシュを編み物の表面データに変換することができ、プリントした物の中に綿などを詰めることで立体的に作成することを可能にします。

 

関連

コーネル大学ら、ARベースで直観的にモデリングしながら同時にロボットアームが3Dプリントしてくれるシステム「RoMA」 | Seamless

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る