Seamless

Virtual Reality News

カーネギーメロン大学、3Dモデルから編み物としてプリントできる技術を発表。3Dデータを編み機ベースに自動変換するアルゴリズム

カーネギーメロン大学の研究者らは、3Dモデルを編み機の命令に自動変換するためのアルゴリズムを発表しました。

論文:Automatic Machine Knitting of 3D Meshes
著者:Vidya Narayanan、Lea Albaugh、Jessica Hodgins、Stelian Coros、Jim McCann

本稿は、3D形状にモデンリングしたデータを編み機ツールのために、ニットバージョンのデジタルモデルに変換することを可能にするアプローチを提案します。

これにより、3Dでモデリングしたメッシュを編み物の表面データに変換することができ、プリントした物の中に綿などを詰めることで立体的に作成することを可能にします。

 

関連

コーネル大学ら、ARベースで直観的にモデリングしながら同時にロボットアームが3Dプリントしてくれるシステム「RoMA」 | Seamless