Seamless

Virtual Reality News

家事ロボットを構築するため、部屋の仮想空間でアクションを訓練できるバーチャルAIシミュレーションシステム「AI2-THOR」

AI2-THOR」は、家事をするロボットを構築するため、家庭環境ベースの仮想空間(バーチャルハウス)で訓練できるバーチャルAIシミュレーション・プラットフォームです。

GitHub:allenai/ai2thor

自律走行車や自律型ドローンを仮想空間で訓練させるアプローチはいろいろ出ていますが、これを家庭で使用するロボット向けに応用したのが本システムです。AIエージェントは、部屋のシーンを使用してオブジェクトとやりとりする方法を学ぶことができます。

オープンソースがすでに公開されており、バージョン1.0では、キッチン、リビングルーム、ベッドルーム、バスルームの4つのルームカテゴリが用意されています。

また、各部屋には多くのアクション可能なオブジェクトがあり、合計120のシーンが用意されています。エージェントは、蛇口をオンにする、パンをスライスする、本をピックアップする、ブラインドを閉める、冷蔵庫を開けてレタスを持ってきたりなど、人が日常でするアクションを訓練することができます。

このことで、ロボットが家の中を走り、ドリンクを運ぶといった執事的な動作などを習得することができるとしています。システムは、Unityで構築されています。

 

関連

Microsoft Research、仮想空間内で人工知能ロボットを学習させ効率的に安全性を高めるツール「AirSim」に自律走行車をサポート | Seamless