仮想オブジェクトの重さや動きをシミュレートし、重量に応じて変化するVRコントローラアクセサリ「Nyoibo」

スペイン:マドリード在住のManuel Rosado氏(@cannes_xk)は、VR空間のオブジェクト重量をシミュレートするVRコントローラアクセサリ「Nyoibo」を開発しています。

Nyoiboは、仮想オブジェクトの重量に応じて変化するデバイスです。プロトタイプでは、Viveコントローラに装着し3つの武器でテストされます。

銃を持った場合、銃を持っていると予想される重さがもたらされ、ライフルを持った場合、ライフルを持っていると予想される重さがもたらされ、剣を持った場合も、それぞれの重量に合わせて物理的に変化しユーザに臨場感を提供します。

また、銃を撃った時の振動も再現しており、引き金を引いたと同時にデバイスが動く仕組みになっています。

 

関連

スタンフォード大学、VR内の仮想物体をつかんだ時の「把握力」と「重さ」の2つをシミュレートする装着可能な触覚デバイス「Grabity」を発表 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る