Seamless

Virtual Reality News

VRゲーム実況ライブ放送プラットフォーム「VREAL」シリーズAで1,170万ドルを資金調達

VRブロードキャストプラットフォームを開発する米シアトルベースのスタートアップ「VREAL(Virtual Reality Entertainment And Livestreaming)」は、Axioma Venturesが率いるシリーズAラウンドで1,170万ドルを資金調達したことを発表しました。

ラウンドは、Axioma VenturesのほかにIntel Capital、AET Fundが名を挙げます。また、既存の投資家にはUpfront Ventures、Vulcan Capital、CRCM Venturesが含まれます。

現在開発中のプラットフォームは、VRでゲーム実況する様子をリアルタイムに他のVRユーザもしくは2Dモニタユーザに放送することができるサービスです。視聴者は、放送されているVR内にアバターとして参加し閲覧することができます。

VRデバイスがない2Dモニタのユーザは、VR内のカメラ位置からの放送を閲覧することができます。また、VRライブストリーミングに加えてソーシャル機能も備えており、ユーザ同士のやりとりも可能とします。

現在は、特定のパートナーとクローズドアルファでテストされており、参加したい方はこちらより応募メールを送ることができます。

 

関連

アクティブユーザ週1500万人を超える3D画像が撮れるアプリのFyusion、ドコモやコロプラ等からシリーズBで2200万ドルを資金調達 | Seamless