NVIDIA、AIカー向けに車窓に情報を重ねるAR技術「DRIVE AR」とドライバと乗客を補助するスマートアシスタント「DRIVE IX」を発表 | Seamless

Seamless

Virtual Reality News

NVIDIA、AIカー向けに車窓に情報を重ねるAR技術「DRIVE AR」とドライバと乗客を補助するスマートアシスタント「DRIVE IX」を発表

NVIDIAは、AIカー向けに現実空間に重ね合わせるように関連情報を提示するARプラットフォーム「DRIVE AR」と、ドライバーと乗客を助けるスマートアシスタント「DRIVE IX」を発表しました。

同社は、2016年に自動運転車向けに設計されたSoC「Xavier」を発表し、現在一部で出荷されていますが、今回、Xavierをベースにした新たなDRIVE AIプラットフォーム「DRIVE AR」と「DRIVE IX」を発表しました。

DRIVE ARは、運転時に沿って関心のある情報を提供し、安全にナビゲートする車向けARインタフェースです。道路状況、興味ポイントなどの情報をフロントガラスから見える現実世界にリアルタイムで重畳することを可能にします。

DRIVE IXは、車内および車外のセンサーを使用して、ドライバーと乗客にAIアシスタントを提供します。例えば、歩行者や自転車がいることを知らせたり、顔認識技術を使用してキーなしで車をロック解除して始動させたり、眠いときに警告したり、トランクを自動で開けたりができるとします。SDKを開発者に提供します。

関連

Microsoft Research、仮想空間内で人工知能ロボットを学習させ効率的に安全性を高めるツール「AirSim」に自律走行車をサポート | Seamless