NVIDIA、ゲーム中を360°でスクリーンショット撮影できるVR対応ツール「Ansel」を公開

NVIDIAは、VR対応したゲームキャプチャシステム「Ansel」を公開しました。

mirrors-edge-catalyst-nvidia-ansel-user-interface-640px

Anselは、VRゲーム含めた対応タイトルに対して、ゲーム中のスクリーンショットを撮影できるツールです。2D、3Dに加えて360°撮影も可能とし、取得後VRヘッドセットで閲覧することもできます。プレイ中撮りたいシーンが出てきたら起動させ撮影するのですが、特徴的なのが、時間を止めたあとズームやロールといったカメラポジションを決めることを可能にしている点です。

mirrors-edge-catalyst-nvidia-ansel-free-camera-640px

そして、明るさ、コントラストなどフィルタ調整も可能です。

mirrors-edge-catalyst-nvidia-ansel-filter-collage-640px

Anselは、対応タイトルが決まっており、現在は以下のタイトルが上げられています。

  • Mirror’s Edge: Catalyst
  • Witcher 3: Wild Hunt
  • Tom Clancy’s The Division
  • The Witness
  • Paragon
  • Unreal Tounarment
  • Law Breakers
  • No Man’s Sky

今後もさらに対応タイトルを増やしていくとのこと。以下は、同時に公開された映像です。AnselのHow toはこちら

 

あわせて読みたい

NVIDIA、自社のVR技術をふんだんに盛り込んだ独自VRゲーム「VR Funhouse」をHTC Vive向けに無料リリース | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る