VRとMRが切り替え可能な新ヘッドセット「HALO」登場。価格は約15万円。2017年1月より中国にて販売

中国企業の「Shadow Creator」は、自社開発するVR/ARヘッドセット「HALO」を中国のCCG EXPO2016にて発表しました

halo1

公式サイトによると、Qualcomm Xiaolong 820を搭載し、ホログラフィックディスプレイを装備、広視野角、ジェスチャー操作、リアルタイムのマップ構築、VR/ARの切り替え、などの情報が書かれています。ここでいうARとはホログラフィック表示(MR)と思われ、VRとMRのスイッチ切り替えが可能なデバイスという事になります。加えて、Androidベースのホログラフィックアプリケーション開発プラットフォームも起動するとしています。

halo2

価格も発表されており、9,800元(約15万円)で2017年1月から中国にて販売を開始する予定です。その他地域の価格などは2017年になってから発表していくとしています。HALOの公式ページはこちら。

合わせて読みたい

VRとARの切り替え可能でリアルタイムの空間マッピングができるヘッドセットといえば、「Sulon Q」がありました。
速報:AMDとSulon Technologies、リアルタイムの空間マッピングとVRとAR機能を組み合わせたHMD型ワイヤレスコンピューティング「Sulon Q」を発表。2016年春リリース予定 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る