6つのモニター画面をVRに表示し仕事環境を構築できる「SPACE」のベータ版が無料でリリース

現地時間2016年6月28日、Pygmal Technologiesは、VR内で複数のモニターを開いてマルチタスクのオフィス環境を構築できる「SPACE」のベータ版をリリースしました。

3_arrange_window_position

ベータ版では、最大6つのモニター画面を一度に表示できます。(ベータが解除されれば無制限に)表示には、ウェブページ、動画、ネイティブのWindowsアプリケーション、3Dモデルなどが当てはまります。画面を弯曲にし拡大するシアターモードも搭載。表示されるモニター画面のバック360°背景は、自分で撮影した任意の写真を挿入することもできます。VRサポートは、Oculus RiftおよびHTC Vive。対応OSは現在Windowsだけで、MacOSはサポートしていません。非営利利用は無料、営利目的の場合はライセンス販売を考えてるとしています。

ベータ版がダウンロードできる公式ページはこちら。

 

合わせて読みたい

同じく複数モニターをVRに配置させ仕事/遊び環境を構築することができる「Envelop VR」というアプリの過去記事です。
VR内に複数のモニターを配置しマルチタスク環境を構築できる「Envelop VR」のベータ版が利用可能に | Seamless

ページ上部へ戻る