ワイヤレスVRヘッドセット使用の新たなVRアトラクションゲーム施設「AVR」、サードパーティによる開発も可能[VR/ARスタートアップ特集]

トルコ・イスタンブルおよび米サンフランシスコベースの「AVR(Augmented Virtual Reality)」は、ロケーションベースのVRアトラクションゲーム施設を開発しているスタートアップです。

AVR1

ワイヤレスVRヘッドセットを着用したユーザーが、現実とVRを連動した5000平方メートルのゲームポッドでFPSゲームを楽しむというサービスを開発しています。複数のセンサーからなる大規模な位置追跡システムを導入し、プレイヤーの動きを細かくトラッキングします。詳細な情報はまだ公開されていませんが、公式サイトによるとAR技術も統合しているとのことです。そして、このVRゲームポッドはサードパーティ製のスタジオとしており、第三者によるコンテンツ開発を可能とするとしています。

公式ページはこちら。

 

VR/ARの新たなスタートアップチームを特集しています
合わせて読みたい

VRアトラクションゲーム施設といえば、この夏に豪州発のスタートアップが東京ジョイポリスに上陸します。
豪州のフルモーションキャプチャVRアトラクション「Zero Latency VR」が東京ジョイポリスに今夏登場 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る