PCモニターをVR内で共有できる「BigScreen」、プレイヤー同士のトラブル回避のため新機能「Personal Space Bubble」を発表

PCデスクトップ画面をVR内で共有できるソーシャルVRアプリ「BigScreen Beta」は、プレイヤー同士の衝突を防ぐため「Personal Space Bubble」と呼ばれる新機能を発表しました。

BigScreen-Person-Space-Bubble

これは、2人のアバターが近づいたとき、一方が消えて見えなくなるというものです。これにより衝突を阻止することができ、快適なVRライフがおくれるとしています。

このアイディアは、Googleの開発者向けカンファレンスGoogleI/Oにて、Google Daydream Labsが基調講演で述べていた事でもあります。ソーシャルVRにおいて、VR内で複数人になると、相手にいたずらをしたり、不正をしたり、攻撃的なことをしたりと相手のパーソナルスペースに侵入する人がどうしても出てくると、開発者たちはそういった相手のパーソナルスペースに侵入することを防止するアイディアを考える必要があると、そう述べています。(詳細は過去記事をご参照ください。)

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る