VR環境に最適化された電動式椅子システム「Roto VR」プリオーダー開始。価格は599ドル。発送予定は8月末。

VR向け電動式椅子システム「Roto VR」のプレオーダーが公開されました。(日本からの購入はまだの模様。米国、カナダ、ヨーロッパからの購入は可能。)

価格は599ドル(約6.5万円)。現在公開されている数量限定プレオーダーに関しては、特別割引として100ドル減の499ドルとなっています。発送は、生産工場の不測の遅延がなければ2016年8月末を予定しています。

roto

VR環境に最適化されたRoto VRは、360°の回転をスムーズに行うことの他に、2つの振動サウンドシェーカー(別売)によりオーディオで臨場感を上げ、付属するタッチペダルによりVR歩行も可能とします。ケーブル周りも最適化されており、回転しても絡まない仕様になっています。

それに加え、これも付属で含まれる小型のHeadtrackerをVRヘッドセットに取り付けると、ヘッドトラッキングを検知し椅子を自動回転させることも可能としています。SDKも無料提供されます。耐久最大重量は130kgまで。

91a586_4e15ba784dc04328b500be6f24473ff4-compressor

本体と同時に3つの別途アップグレードアイテムが公開されています。VRヘッドセットと互換性のあるケーブルマガジン:99ドル(USBソケット×2、HDMIソケット×2、オーディオジャックx1)。椅子下と背中裏用の振動サウンドシェーカー2つおよびアンプ:149ドル。手元のフロントテーブル:49ドルです。フロントテーブルに関しては、活用すればキーボード、ステアリングホイール、ジョイスティックなどカスタマイズが容易です。

公式サイトはこちら

 

合わせて読みたい