AndroidベースのOSを搭載したFOV120°のオールインワンVRヘッドセット第二世代目「Idealens Ⅱ」がデビュー

現地時間2016年5月6日、Idealens Technologyは、シアトルのイベントにて自社が開発するオールインワンVRヘッドセット第二世代目「Idealens Ⅱ」を発表しました

同社Facebookでデザインを確認すると、すでにGDC 2016で披露された第一世代に比べデザインが一新しているのが見て取れます。公式ページ

13179451_498934193631254_6523777986571283153_n

Idealens Ⅱは、モバイルベースのVRヘッドセットで、先行しているGear VRと違ってスマートフォンを差し込まずデバイス単体で起動するオールインワンが特徴です。オールインワンのVRヘッドセットでいえば、AMDとSulon Technologiesが今年3月に発表した「Sulon Q」も記憶に新しいですが、Sulon QはPCベースであるのに対し、Idealens ⅡはAndroidのモバイルベースであるところで異なります。

重量320g、FOVは120°、2.5KのAMOLEDディスプレイはリフレッシュレート90Hz、GPUはNvideaのTegra K1、遅延は17ms以内、9軸センサーを搭載、OSはAndroidベース。ポジショナルトラッキングには、別途外部デバイスであるモバイルベースステーションが必要としています。

情報がまだ少ないので、詳細が分かり次第おって追記したいと思います。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る