触覚、温度、追跡モジュールを備わったVRと連動可能な全身ワイヤレス・スタンドアロンスーツ「Teslasuit」

Teslasuit」とは、英国ロンドンベースのTesla Studiosが独自に開発中の触覚フィードバック、モーションキャプチャを備わったスタンドアロンスーツです。任意のヘッドセットと接続し、装着者のアバターにタッチ、バーチャルハグ、暖かさ、寒さ、弾丸などの感覚をEMS(電気筋肉刺激)によって伝えることが可能です。

1Teslasuitは、体にぴったりフィットしたデザインで、コアであるT-ベルトを筆頭に全身を覆う構造です。水洗いも可能。クアッドコア1GHzのプロセッサ、1GBのRAM、10000mAhバッテリーを搭載。バッテリーは1回の充電で4日稼働。コントロールユニットは、独自のオペレーションシステム「TeslaOS」上で動作し、中央処理装置(T-ベルト)を介して実行します。T-ベルトは、ワイヤレスでPCと接続します。さらに、マルチモジュールシステムを採用していて、現在3つの追加アップグレードモジュールをスーツにインストールすることで組み合わせる事ができます。

スクリーンショット 2016-01-01 13.08.40

  1. E-Haptic Module(触覚モジュール)、電極、周波数、パルス幅を送信することで皮膚、筋肉へ緩やかに刺激します。
  2. Motion Capture Module(モーションキャプチャモジュール)、全身の動きをジェスチャーコントロールで記録しリアルタイムにアバターへ転送します。
  3. Climate Control Module(温度制御モジュール)、温度範囲10から40度の範囲で自動に設定温度を均一に保ちます。

互換性のあるデバイスは、Oculus Rift、HTC Vive、Playstation VR、Google glass、OSVR、Microsoft HoloLens、Epson Moverio smartglasses、それに加え、PSP、Xbox、PC、タブレッド、スマートフォンなどがあげられています。

現在、1499ドル(約18万円)でプレオーダーしていた「TeslaSuit DK 1 Pioneer」は完売しており、近々に始動予定のKickstarterが早々に手に入れる方法になるかと思われます。

追記:1月5日

Kickstarterが始動しました。目標額は25万ポンド。Prodigy版とやや低スペックのPioneer版が用意されています。

スクリーンショット 2016-01-05 3.20.19

  • 「Teslasuit Prodigy Full Body Suit」最大52チャンネルの触覚フィードバック+SDK+ソフトウェアパック:2099ポンド(36.8万円)2016年9月発送予定。触覚フィードバックは1回のバッテリー充電で4日間。温度制御は1回のバッテリー充電で2時間。
  • 「Teslasuit Pioneer Full Body Suit」最大30チャンネルの触覚フィードバック+SDK+ソフトウェアパック:1799ポンド(31.5万円)2016年9月発送予定。触覚フィードバックは1回のバッテリー充電で4日間

上半身だけ(799ポンド)、下半身だけ(749ポンド)のプランも用意されています。Climate Control Module(温度制御)はProdigy版にしかないのでご注意ください。付属のソフトウェアパックは以下の4つ。

1 Haptic Editor

1

2 Haptic Player

2

3 VR Digital Paintball Game(フル触覚フィードバックをサポートするように構築された世界初のオンラインマルチプレイヤーゲーム)

4 Tactile T-Messenger / Virtual Meetings App(友だちとビデオ通話しながら触覚を送信できるアプリ)

 

募集ページはこちら。注意して投資してください。

 

関連

参考

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る