VR空間で仮想の結婚指輪を見せてプロポーズ、Valveスタッフが粋なサプライズ

10月1日、ワシントン州に本社を構えるゲーム会社「Valve Software」のオフィスで素敵な一日が実行されました。同社とHTC社が共同開発している「HTC Vive」の開発者キットを使って、仮想の指輪をVR内で見せてプロポーズするというものです。

1

Valve従業員のChandler Murch氏(男性)は、ガールフレンドのKelly Tortoriceさんを、VRヘッドセット「HTC Vive」のデモを試したいという口実でValve本社に誘いだします。VR空間で3D絵が描けるGoogleが買収した「Tilt Brush」や、VRコンテンツ制作会社「WEVR」の代表作くじらのアニメーション「The Blu」などを体験させたあと、こっそりとSteamVRコントローラを片手に彼女の前に近づきます。

そして、コントローラと連動したリングケースの中に入った指輪を見せプロポーズ。サプライズで驚いた彼女にヘッドセットを脱ぐよう言い、脱いだ彼女が見たのは片膝を立て本物の結婚指輪を手にしたMurch氏の姿。

2

彼女は「Yes!!」と叫び、抱き合いキス。

プロポーズは成功です。そんな喜びを彼女は、自身のFacebookタイムラインで画像と共に公開しています。交際ステータスには、「Chandler Murch 2015年10月1日から婚約中」という文字が。

以前、4000キロという遠く離れた場所から出産をVRヘッドセットを通してリアルタイムに立ち会うというニュース(過去記事)がありましたが、今回のといい、そういったホッコりニュースは癒やされますね。素敵です。

一方で、HTC社が夏に2000人以上解雇してやや心配が募る今年末発売予定の消費者向け「HTC Vive」ですが、こちらもこの流れで期待したいところです。

リンク

Kelly Tortorice – 携帯アップロード

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る