現実世界をゲームの世界に、魔法を使って複数人で敵を倒すARゲームスポーツ「HADO」

meleap(メリープ)が開発してるスマホとウェアラブルデバイスを使ったARゲーム「HADO(ハドー)」が素敵です。

スクリーンショット 2015-08-21 21.11.37

スマホとウエアラブル端末を組み合わせたテクノスポーツとして公表していて、ゲーム要素がたっぷり詰まったコンテンツになっています。スマホ型HMDと腕にリストバンド型のモーションセンサーデバイス「Myo」を装着し、かめはめ波やその他動きから繰り出される魔法で敵を倒します。

スクリーンショット 2015-08-21 21.10.36

特徴なのが複数人でマルチプレーができること。同社も3対3のチームに分かれ、魔法で戦い合うバトルスポーツとして使用しています。しかも、各プレイヤーはビーコン(発信機)を使って、相手プレイヤーの視覚を奪う魔法を使えたり、味方の攻撃力を上げたりできます。

現在は、体験イベントやその他情報のためにサイトから事前登録できるようになっています。

スクリーンショット 2015-08-21 21.10.58

ARを使って現実世界をゲーム世界に変えるデバイスといえば、マイクロソフトのHoloLens(こちらのコンセプト動画はわくわくします。)が有名ですし、ARとVRが融合したようなHMD「Cortex」も期待されています。先日記事にしたホログラフの3D映像を映し出すARプロジェクターデバイス「castAR」も魅力ですし、現実とゲームを混合させたジャンルはこれからも注目です。

 

リンク

meleap

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る