米Oculus、ジェスチャー感知センサーを研究するイスラエル企業「Pebbles Interfaces」を買収

米Oculusはイスラエルのベンチャー企業「Pebbles Interfaces」を買収したと発表しました。

スクリーンショット 2015-07-17 10.25.22

「Pebbles Interfaces」は、Leap Motionみたいなジェスチャー操作ができるデバイスを開発・研究している企業で、以前もインタビュー記事でその実力を披露していました。手だけでなく顔も検出したり、それに加えて、センサーに写る人の姿勢・臨場感・行動などを分析して人間の状態・意図・IDを解釈するという、つまり周囲のデータ、雰囲気を認識して解析することができる先進的なジャスチャーデバイスを開発しています。

 

最新の動画デモでもリアルタイムに検知してとても滑らかに動いてるのが分かります。

 

すでに複数の投資家やベンチャーキャピタルから出資を獲得していた「Pebbles Interfaces」ですが、これからは米Oculus社のチームに加わりリアルタイムに感知するセンサー技術の開発に従事します。

11

米Oculusは、数ヶ月前もVR内に現実世界を映し出す「Surreal Vision」を買収したと、今回の買収も含めどんどん将来に必要である技術を買収という形で加速させています。優秀な人材がOculusに集まっている中で今後どう展開していくかさらに楽しみです。

リンク

Oculus Acquires Pebbles Interfaces, Computer Vision Hand Tracking- Breaking – Road to VR

Pebbles Interfaces

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る