Oculus Riftを装着した自分の顔の表情をリアルタイムにアバターへ反映させる装置

南カリフォルニア大学・助教授のHao Liさん率いるチームが開発したOculus Riftを使った装置が面白いです。

スクリーンショット 2015-05-10 7.08.57

その装置は、Kinectのようなモーションキャプチャ装置(人の動きを記録する装置)が、アンコウのようにOculus Riftの前に取り付けられ、口元の動きをアニメーションのようにアバターに反映させます。

スクリーンショット 2015-05-10 7.09.26

口元だけでなく、目や眉も連動するように、HMD内にもセンサが取り付けられています。

スクリーンショット 2015-05-10 7.40.04

スクリーンショット 2015-05-10 7.10.53

頭の動きも連動します。

スクリーンショット 2015-05-10 7.12.44

つまり、この装置を装着してVRを楽しんでいると、自分の顔の表情が全てリアルタイムに反映されるという事になります。

スクリーンショット 2015-05-10 7.32.42

さて、何に使えるでしょうか。アバター同士でしゃべっていても、相手の表情が分かるわけですから、コミュニケーションをよりリアリティに行える事にまず使えるでしょう。

スクリーンショット 2015-05-10 7.53.08

自分をアニメーションに登場させることも出来るかもしれません。

スクリーンショット 2015-05-10 7.14.11

などなど、想像が膨らみます。以前、紹介したアバターをタッチすると相手に感覚を与えられるスーツと一緒に使うと、ほんとアバター同士で臨場感ある触れ合いができること間違いないはずです。

 

リンク

source/all photo:Hao Li – publications [Facial Performance Sensing Head-Mounted Display]

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る