Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

人の感情を認識しそれに伴った動きをするドローンが登場。顔認識で5つ(恐怖/喜び/驚き/怒り/悲しみ)の感情を区別

ロンドンにある美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生Eirini Malliaraki氏は、人の感情を認識しそれに伴った動きをするドローンを発表しました。

顔認識によって判断され、恐怖、喜び、驚き、怒り、悲しみ、5つの感情を区別することができ、それぞれに伴った飛行表現をします。

例えば、悲しみだと援助しようと人の周囲近くを飛び、恐怖だと高度を下げ、喜びだと一回転し、驚くと離れたり、といった感じです。

感情分析には、ソフトウェア「Affectiva」が使用されています。

 

関連

MIT、タイヤによる地上運転と空の飛行を切り替えて移動するドローン「フライング・カー」による都市交通システムを発表。最大80台ドローンの共存が可能 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら