Seamless

Virtual Reality News

メニュー

ジョージア工科大学、人工知能により作曲と演奏をするマリンバロボット「Shimon」を開発。人が作った約5000曲と200万以上のフレーズを学習し独自のメロディーを生成

ジョージア工科大学音楽技術センターは、人工知能を使用して独自に作曲し4本のアームと8本のスティックを備えて演奏するマリンバ演奏ロボット「Shimon」を開発しました。

以前から人が演奏した音楽を解析し即興することはできていましたが、短いフレーズを繰り返し演奏することしかできませんでした。

今回、多層構造のニューラルネットワークDeep learningを用いて学習させることで、滑らかで聞いていて心地の良い音楽を奏でることに成功しました。

研究者は、ベートーヴェン、ビートルズ、レディー・ガガ、マイルス・デイビスまで約5000曲の音楽と、200万を超えるフレーズやモチーフ、リフを学習させます。その学習した音楽をパズルのように組み合わせたりするのではなく、人間と同じように学習した音楽を参考に独自のメロディーと調和構造を生成します。

 

関連

UCバークレー、これまでに見たことがない物体を機械学習によって最良の掴み方を選択し実行するロボティクス・システム「Dex-Net」を発表 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら