Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Google、「Seurat(スーラ)」と呼ぶ新たなレンダリング開発ツールを発表。モバイルVRにデスクトップレベルのグラフィックスを提供

Googleは、I/Oデベロッパーカンファレンスにて、「Seurat(スーラ)」と呼ぶ新たなレンダリング開発ツールを発表しました。

本レンダリング技術は、低スペックなモバイルVRなどでもリアルタイムに高品質のVRを可能にするツールとしており、モバイルGPUを使用して、デスクトップレベルのグラフィックスを実現すると述べています。

これらを可能にするために、プレイヤーの表示領域を定義し、特定の視点に限定し、圧縮することで可能にしています。同社説明では、初期のレンダリング5,000万以上の三角形から72,000の三角形の同一シーンに圧縮したと述べています。

このことで、モバイルVRハードウェア上で実行できるほど少ないポリゴン数に大幅に削減され、モバイルVR上でも高品質なVRシーンがレンダリングされるとしています。技術的詳細に関しては今年後半に発表される予定です。

ちなみに、スーラという名前は、点描(てんびょう)画で有名なフランスの画家ジョルジュ・スーラ氏から命名されています。

また、デモとして、基調講演でILMxLAB制作の「Rogue One/スター・ウォーズ・ストーリー」のシーンが上映され、映画界の高品質なスターウォーズの世界をモバイルVRにもたらしたことを実証しました。

 

関連

NVIDIAのVRに最適化された新しいレンダリング技術「Simultaneous Multi-Projection」とは | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら