Seamless

Virtual Reality News

メニュー

MIT、ロボットが他のロボットに簡単なタスクを教えることを可能にするシステム「C-LEARN」を発表

マサチューセッツ工科大学(MIT)の「CSAIL(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)」は、ロボットが他のロボットに簡単なタスクを教えることを可能にするシステム「C-LEARN」を開発しました。

本システムは、人間の学習方法を模倣することを目的としており、コーディング経験のない人たちがオブジェクトをつかんでバケツに落とすことや、オブジェクトから刺さった棒をぬきとるといった簡単な作業をロボットに教えるシステムになります。

それに加えて、ロボットが他のロボットに何を学んだかを教えることも可能にします。このことで、マシンをより迅速かつ安価に訓練することができます。

とはいえ、C-LEARNシステムは完璧ではありません。教えるのに1時間半かかることもあり、また、衝突回避を含む複雑なタスクを教えることができません。

 

関連

MIT、ロボットのミス(選択)を事前修正させるため、それを見ている人間の「間違えてる!」という直感を脳信号経由で伝え正すブレインコントロール・エラーシステムを披露 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら