Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

東京大学、手足切断後の存在しないはずの手足で感じる痛み「幻肢痛」をVR活用の新治療法で和らげに成功

東京大学医学部属病院緩和ケア診療部の住谷昌彦准教授らの研究グループは、VRで幻肢痛が和らぐことを明らかにしました。

400044570

幻肢痛とは、手足などの切断や神経障害の後に存在しないはずの手足で感じる痛みのことです。VRを用いて幻肢をあたかも自分の意思で動かしているような錯覚を繰り返すことにより、幻肢痛を和らげることに成功しました。

具体的には、モーションキャプチャで得た痛みのない方の手足(健肢)が運動している様子を左右反転させ、その映像をリアルタイムに映し出し患者に見せるというVRシステムで行いました。

検証には、脳内で幻肢の運動表象が作られる度合いを両手干渉課題と呼ばれる方法により評価し、結果、幻肢痛が和らぐだけでなく、幻肢の運動表象と痛みの改善にも有意な相関関係をみつけました。この成果は、幻肢痛についてVRを用いた新しい脳科学に基づいた治療法の開発に成功したといえます。

ARを用いた療法もあります。ARを用いて手足切断後の存在しないはずの手足で感じる痛み「幻肢痛」を治療するアプローチ。筋肉信号で仮想アームを動かす | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Reality周辺の情報を更新しています。(詳細はこちら