3Dシーンを表示しインタラクティブに操作できる裸眼ベースのディスプレイ「Looking Glass」Kickstarterに登場

インタラクティブに操作もできる3次元ディスプレイ「Looking Glass」がKickstarterに登場しました。

Kickstarter:The Looking Glass: A Holographic Display for 3D Creators

Looking Glassは、VR/ARヘッドセットなどを使用せずに、ディスプレイを通じて3Dを表現したり、オブジェクトとインタラクティブに操作することを可能にします。

ディスプレイは、45のビューを生成しているため、複数の人がコンテンツを一度に見ることができ、また、最大60fpsのフルカラーで3Dシーンを表現します。

Looking Glassには、USB-C PowerケーブルとHDMIケーブルも同梱されており、PCと繋げて使用します。大きさは、8.9インチと15.6インチの2つのサイズが用意されています。

外部デバイスとの連携も可能で、Leap Motion、Nintendo Switchコントローラ、Intel RealSense、Microsoft Kinect、Xboxコントローラ、Arduino、などをサポートします。

Maya、Blender、Solidworks、Z-Brush、AutoCAD、Cinema4Dなどからのエクスポートも可能。

SDKも用意されており、HoloPlay Unity SDKにてアクセスすることができます。Kickstarterの募集ページで実行されているアプリケーションもこのSDKを使用しています。PCの推奨スペックは、Intel Core i5、Nvidia GTX 1060、RAM: 4GBです。

 

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る