ETH ZurichとEPFL、片手15箇所にピンを押し当てることで触覚を再現する軽量低電力のハプティクスデバイス「TacTiles」発表

ETH Zurich(チューリッヒ工科大学)とEPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)による研究チームは、片手15箇所にピンを押し当てることでVRでの触覚を再現するハプティクスデバイス「TacTiles」を発表しました。

論文:TacTiles: Electromagnetic Actuators for Rendering Haptics in VR

著者:Velko Vechev, Juan Zarate, David Lindlbauer, Ronan J Hinchet, Herbert Shea, Otmar Hilliges
所属:ETH Zurich, EPFL

本論文は、軽量(1.8g)、低電力(130mW)、小型フォームファクタ(1cm ^ 3)の電磁アクチュエータを用いた触覚デバイスを提案します。このデバイスは、片手に対して局所的(15箇所)な触覚フィードバックを生成します。

電磁アクチュエータの中心には動作するピンがあり、これが皮膚に押し当たる事で感じます。2種類のモード(Pulse modeとContact mode)があり、Pulse modeはピンを一瞬だけ当てる機能で、Contact modeは力を使用とせず連続的に皮膚を押す機能です。両方のモードを用いることにより、仮想オブジェクトに触った時の触覚を再現したり、仮想オブジェクトの質感を表現したりを可能にします。

 

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る