Seamless

V i r t u a l R e a l i t y

長岡技術科学大学、高速プロジェクタと回転ボールミラーを用いた全方向視差の球面3Dディスプレイを発表

長岡技術科学大学の研究者らは、視域が広い全方向視差の球面3Dディスプレイ・システムを発表しました。

論文:Spherical Full-parallax Light-field Display Using Ball of Fly-eye Mirror
著者:Hiroaki Yano, Tomohiro Yendo


(a)提案システムの概要。 (b)プロトタイプで示された3D画像

本提案システムは、高速プロジェクタと回転ボールミラーで構成し、プロジェクタから放射する光線をボールミラーで反射させることでオブジェクトの光線を再現し、全方向の視差を実現します。

ボールミラーは、凸凹の表面を備えており、一軸の回転をさせることでプロジェクタからの光線を様々な角度に反射します。ボールミラーを回転させることによって光線の反射方向を変更し、プロジェクタを用いて光の強度を制御することで、3D画像を多くの人に対して同時に提供することを可能にします。

デモ映像では、プロトタイプの動作と出力結果を確認することができます。