KAIST、4台のスマートフォンだけで、机や壁、鏡などをタッチスクリーンに変える技術を発表。タッチする接触音を内蔵マイクで取得しタッチ位置を識別

KAISTやMicrosoft Researchなどによる研究チームは、複数台のスマートフォンだけで、机や壁などをタッチスクリーンに変換するサウンドベースのタッチ入力方式技術を発表しました。

論文:Sound-based Touch Input Technology for Smart Tables and Mirrors

著者:Hyosu Kim, Anish Byanjankar, Yunxin Liu, Yuanchao Shu, Insik Shin
所属:KAIST, Microsoft Research Asia, Microsoft Research

本論文は、机や壁、鏡などをタッチ入力ツールに変えるスマートフォンベースのタッチサウンドローカライゼーション技術を提案します。3〜4個のマイクロフォンを設置するだけでタッチ入力システムを可能にします。

本提案手法は、ユーザの表面への接触から発生する接触音を分析し、接触入力の位置を特定します。スマートフォンやタブレットに内蔵のマイクのみを使用し、タッチ入力の位置を正確に識別します。

17インチのタッチスクリーンでの平均定位誤差は約0.4cm未満で、物体の位置やノイズレベルが動的に変化した場合でも、1cm未満の測定誤差を報告します。他の環境音から接触音だけを正確に抽出することが可能なため、多様な場所で実行することができます。

これにより、机や壁、鏡などを仮想キーボードに変えたり、仮想ボードゲームに変えたりしてプレイすることを可能にします。