LTCIなど、人工皮膚をつねったりなぞったりして入力するインターフェース技術を発表

LTCI、ソルボンヌ大学、ブリストル大学による研究チームは、人工皮膚をつねったりなぞったりして入力するインターフェースを発表しました。

論文:Skin-On Interfaces: A Bio-Driven Approach for Artificial Skin Design to Cover Interactive Devices

Marc Teyssier¹, Gilles Bailly², Catherine Pelachaud², Eric Lecolinet¹, Andrew Conn³, Anne Roudaut³
¹LTCI, Télécom Paris, Institut Polytechnique de Paris, France ²Sorbonne Université, CNRS, ISIR, Paris, France ³University of Bristol Bristol, UK

本研究は、作成した人工皮膚を触って機器を操作するインターフェースを提案します。提案アプローチは、作成した人工皮膚をタップしたり、なぞったり、つねったりする事で、スマートフォンやPCなどの操作に用いるアイディアです。人の皮膚を触っているかのように操作できるところがポイントです。

人工皮膚は、シリコンをベースに作成し、内部に層になるようセンサー類を組み込見ます。実験では、スマートフォンの裏側やスマートウォッチのバンド、ロボットの外側に使用して評価しました。

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る