ヤフー、爪を用いた新しいタッチ入力「ScraTouch」発表。指を曲げるだけでタッチパッド等で新規なタッチ入力を導入

ヤフー株式会社による研究チームは、静電容量方式のタッチパッドやタッチパネル(タッチサーフェス)において、爪を用いたタッチ入力手法「ScraTouch」を発表しました。

論文:ScraTouch: 静電容量方式タッチサーフェスにおける手指の爪を使用したタッチ入力拡張技法

池松 香(ヤフー株式会社) , 山中 祥太(ヤフー株式会社)

本研究は、静電容量方式のタッチサーフェスにおいて、爪を用いたタッチ動作を導入することでタッチサーフェスにおける入力操作を拡張する手法を提案します。本提案は、従来の指の腹または指先の皮膚をタッチサーフェスへ接触させるタッチ入力とは異なり、爪をタッチサーフェスへ接触させる入力方法です。従来の指のタッチ入力と区別することでモードの切替やショートカットコマンドの起動に利用し、タッチ入力語彙の拡張を目指します。

本手法では、爪と指の電気的特性が異なることを利用し、タッチサーフェス内電極からの流出電流を比較することで両者を識別します。この電流値の差異により爪の接触有無を判定します。

本手法の特長は、タッチパッドやスマートフォンのタッチセンシング機構のみを利用し、外付けのハードウェアやセンサを必要としないことです。また、従来の指のタッチ入力から指の角度を変えるだけで行える手軽さ。さらに、タッチ入力発生後 100ms 以下のセンシングデータを用いたシンプルな閾値判定のみで実現可能であり、高速かつ高精度な識別精度を実現します。