チューリッヒ工科大学、実世界のソフトオブジェクトに近い動きを再現できる粘弾性シミュレーション法を発表

チューリッヒ工科大学による研究チームは、実世界のソフトオブジェクトに近い動的運動を再構築できる粘弾性シミュレーション法「Real2Sim」を発表しました。

論文:Real2Sim: Visco-elastic parameter estimation from dynamic motion

DAVID HAHN, ETH Zürich
POL BANZET, ETH Zürich
JAMES M. BERN, ETH Zürich
STELIAN COROS, ETH Zürich

提案手法は、実際のソフトオブジェクトにモーションキャプチャを取り付けキャプチャし、取得した粘弾性パラメータを最適にするよう推定することで実現します。この提案手法を用いることで、より現実に近い粘弾性の動きを再現できます。

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る