パデュー大学、英語のメッセージを皮膚に振動を与え送信する触覚技術を発表。習得が早い人で1分に1英単語を学習

パデュー大学の研究者らは、人の肌へ振動を介して英語のメッセージを送信する触覚技術を開発しました。

Kevin Tan, a participant in the study, learns English sounds through haptic communication technology developed by Purdue researchers. The device plays specific sensations on the user’s forearm, as he notes the corresponding English phoneme, or the smallest unit of sound. (Image provided)

メッセージの送信は、片方の前腕に巻き付けて使用する触覚フィードバックデバイスを用いて振動で送られます。

振動は、口の中の音素の形成で調整されます。「p」や「b」のような口の前部で形成される音は、手首付近に振動を与え、「g」や「k」のように、より後部で生み出す音は、肘の近くに振動を与え表現します。

加えて、子音、母音、有声音、無声音、長母音、短母音などの各音声特性は、異なる触覚を生成します。短母音は、長母音よりも短い振動を生成し、母音は子音より振動を強く生成します。そして、「b」のような有声音の子音は、「p」のような無声音の子音よりも重い振動を生成します。

パデュー大学Electrical and Computer Engineeringの教授Hong Z. Tan氏は、こう述べます。
「テストでは、感覚が違うので母音の子音を間違えることはありませんでした。小さな音素グループから始めて、徐々に500語までの人を訓練します。各個人のパフォーマンスはさまざまですが、うまく行った人は1分に1語の英単語を学びました。」

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る