Seamless

V i r t u a l R e a l i t y

UCIとAutodesk、多層マテリアルを生成する効率的なBSDFモデルを発表

カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)とAutodeskの研究者らは、多層マテリアル(レイヤードマテリアル)の外観を生成するための効率的なBSDFモデルを発表しました。

論文:Position-Free Monte Carlo Simulation for Arbitrary Layered BSDFs
著者:Yu Guo, Miloš Hašan, Shuang Zhao

本論文は、多層のマテリアルモデルを生成する効率的なモンテカルロ法を活用したBSDFモデルを提案します。複数のマテリアル、複数の光の層の相互作用を明示的にシミュレートすることは、非常に煩雑な処理であり計算コストは高いですが、本提案手法を用いることで、少ないノイズでより短時間に出力します。

以下の画像は、透明と半透明を重ね合わせる例として、水滴と傷ついた金属を合成しています。

以下の画像は、反射だけでなく薄い層からの透過も正確に捉える事例です。