UBCとAdobe Researchら、UVマッピングにおけるシームと歪みを自動で最適化するアルゴリズム「OptCuts」を発表

ブリティッシュコロンビア大学(UBC)、Adobe Research、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らは、UVマッピングにおけるシームとそれに付随する歪みを同時に、かつ自動で最適化するアルゴリズムを発表しました。

論文:OptCuts: Joint Optimization of Surface Cuts and Parameterization
著者:MINCHEN LI, DANNY M. KAUFMAN, VLADIMIR G. KIM, JUSTIN SOLOMON, ALLA SHEFFER

これにより、マッピングにおける歪みを最小限に抑えながらシームラインを探索し、最適化されたUVマップをユーザの介入なしに自動的に生成します。

 

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る