サクレー大学ら、モバイルデバイスに装着し使用する指のような小型ロボット「MobiLimb」発表

サクレー大学とSorbonne Universityの研究者らは、モバイルデバイスに装着し使用する5自由度の小型ロボット「MobiLimb」を発表しました。

論文:MobiLimb: Augmenting Mobile Devices with a Robotic Limb
著者:Marc Teyssier, Gilles Bailly, Catherine Pelachaud, Eric Lecolinet

MobiLimbは、5つの回転関節を持つロボットマニピュレータで、アクチュエータ、センサ、電子機器、コントローラから構成されています。

アクチュエータは、170°回転できる5台のPZ-15320サーボモータが備わっており、スマートフォン(130g)の重量を支えるのに十分な力を生成したり、関節の動きを連続的に行います。

Arduino Leonardo Pro Microは、スマートフォンの背面に取り付けられます。電力は、マイクロUSBコネクタで取り出すため、追加のバッテリを必要としません。

これらの機能で、MobiLimbは多様なことができます。例えば、スマートフォンをテーブルの上に斜めに立てかけたり、グリップとして持ったり、通知(ノーティフィケーション)を知らせてくれたり、仮想オブジェクトや物理オブジェクトのコントローラとして使用したり、自ら移動したり、触覚フィードバックを与えてくれたり、他にもさまざまな使い方ができ、一部をデモ映像で確認することができます。

 

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る