Seamless

V i r t u a l R e a l i t y

Jaunt 、人の外見と動きを3Dアバタとしてリアルタイムに生成し、モバイルデバイスにARストリーミングする技術を発表。RealSense 6台でキャプチャ

Jaunt Inc.は、被写体を複数のカメラでキャプチャし、AR向け3Dアバタをリアルタイムに生成するボリュームキャプチャ技術を発表しました。

本技術は、被写体を囲むように配置したIntel RealSense 6台のボリュームキャプチャステージを用いて、360°の人物画像をキャプチャし、キャプチャしたデータをもとに、被写体の外見、動きなどを3Dアバタとしてリアルタイムに生成、モバイルデバイスなどにストリーミングすることを可能にします。

本技術は、同社が2017年12月より起動するXRプラットホーム「Jaunt XR Platform」の強化として位置付けられており、エンタープライズ向けに提供するとしています。

 

参考:Jaunt shows off new augmented reality 360-degree full body selfies | VentureBeat