Seamless

V i r t u a l R e a l i t y

MIT、3D-CADモデルを分解し再構築しやすくするリバースエンジニア法を発表

MITの研究チームは、3D-CADモデルをリバースエンジニアし、製造や3Dプリンタ向けアプリケーションに合わせてカスタマイズしやすくする手法「InverseCSG」を発表しました。

論文:InverseCSG: Automatic Conversion Of 3D Models To CSG Trees

著者:Tao Du, Jeevana Priya Inala, Yewen Pu, Andrew Spielberg, Adriana Schulz, Daniela Rus, Armando Solar-Lezama, Wojciech Matusik
所属:Massachusetts Institute of Technology

本論文は、空間領域構成法(Constructive Solid Geometry, CSG)をベースに、オブジェクトを分解しそれらを3Dモデルに再構築するリバースエンジニアリング法を提案します。製造カスタマイズおよび3Dプリンタ用に、3D-CADモデルをさまざまな形に分割して複雑なデザインを簡単に修正可能にします。

2Dまたは3Dモデルを使用するオブジェクトの設計仕様は、形状を定義する三角形メッシュを用いますが、これらメッシュをカスタマイズすることは複雑であればあるほど容易ではありません。

そこで本提案手法は、このカスタマイズを容易にするために、メッシュからCADモデルを編集可能な個々の形状に分解するシステムを提案します。システムは、メッシュをプリミティブ形状、ノード、ツリーの詳述に分解し、ユーザが調整できる編集可能なパラメータ含むCSGプログラムに変換します。これにより、入力の三角形メッシュを容易に再構成することを可能にします。