スタンフォード大学ら、織物を糸ベースのステッチパターンでインタラクティブに設計できる布シミュレータを発表

スタンフォード大学とコーネル大学の研究者らは、物理ベースのステッチパターン設計をインタラクティブに作成できる布シミュレータを発表しました。

論文:Interactive Design of Periodic Yarn-Level Cloth Patterns
著者:Jonathan Leaf, Rundong Wu, Eston Schweickart, Doug L. James, Steve Marschner

本論文は、3DCGの編み物や織物の糸レベルのパターンをインタラクティブに調整できるモデリングツールを提案します。

ユーザは、ドットベースの色分けで編みや織りを区別し選択することでパターンを調整でき、それは即座に糸シミュレーションに反映され数秒で布形状へ出力されます。また、糸の長さや色などもパラメータベースでカスタマイズすることが可能です。

本提案手法は、重複している多くのパターンを利用して最小限のパッチで作成し、さらに、GPUベースで実装することで、効率的なシミュレーションを実現しました。

これにより、ユーザは、直感的な描画インターフェイスを使用して、幅広い編み物や織物の糸レベルのパターンを容易に作成することが可能になります。

 

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る