UCバークレーなど、ゴキブリの身体能力を真似た小型ロボットを発表。人に踏まれても壊れず(自身の約100万倍の重さに耐える)、毎秒全長の20倍のスピードで移動

カリフォルニア大学バークレー校などによる研究チームは、ゴキブリに触発された丈夫で移動性に優れた小型ロボットを発表しました。

論文:Insect-scale fast moving and ultrarobust soft robot

Yichuan Wu1,2,3,  Justin K. Yim4,  Jiaming Liang1,2,3,  Zhichun Shao2,3,  Mingjing Qi2,3,5,  Junwen Zhong2,3, Zihao Luo2,  Xiaojun Yan5,  Min Zhang6, Xiaohao Wang1,6,  Ronald S. Fearing4,  Robert J. Full4,7 and  Liwei Lin1,2,3
1Tsinghua-Berkeley Shenzhen Institute, Tsinghua University, Shenzhen 518055, China.
2Berkeley Sensor and Actuator Center, University of California at Berkeley, Berkeley, CA 94720, USA.
3Department of Mechanical Engineering, University of California at Berkeley, Berkeley, CA 94720, USA.
4Department of Electrical Engineering and Computer Science, University of California at Berkeley, Berkeley, CA 94720, USA.
5School of Energy and Power Engineering, Beihang University, Beijing 100191, China.
6Graduate School at Shenzhen, Tsinghua University, Shenzhen 518055, China.
7Department of Integrative Biology, University of California at Berkeley, Berkeley, CA 94720, USA

本研究は、ゴキブリに触発された薄型の昆虫ロボットを提案します。提案されるロボットは、ゴキブリのような速さと丈夫さを兼ね備えています。本体は、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)という圧電素材の薄いシートで作られています。全身を湾曲に曲げ、これを繰り返しながら移動します。動作させるための電圧は、別途細いワイヤーに繋いで与えます。将来的には、バッテリーも本体に乗せて、単体で動けるようにしたいと考えています。

ロボットは切手ほどの大きさで、下には2枚の脚が整備されており、毎秒、全長の20倍のスピードで移動します。また、チューブを通り抜け、小さな斜面を登り、自身の6倍の重さであるピーナッツのような小さな荷物を運ぶことができます。そして、大人が踏んでも(約60kgの圧)壊れない丈夫さもあり、約100万倍の重さに耐えれます。このように、耐久性と機能性を兼ね備えた小型ロボットは、人や犬が救助にいけない危険な場所など、探索や救助の一助として活躍できるのではと考えられます。

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る