USC ICT、緻密な髪の3Dモデルを直感的に作成できるVRベースのヘアモデリングツールを発表

USC ICTやPinscreen、ウェイン州立大学、Adobe Researchによる研究チームは、緻密なヘアモデルを直感的に作成できるdeep Learningを用いたVRベースのヘアモデリングツールを発表しました。

論文:HairBrush for Immersive Data-Driven Hair Modeling

Jun Xing(USC Institute for Creative Technologies)
Koki Nagano(Pinscreen)
Weikai Chen(USC Institute for Creative Technologies)
Haotian Xu(Wayne State University)
Li-Yi Wei(Adobe Research)
Yajie Zhao(USC Institute for Creative Technologies)
Jingwan Lu(Adobe Research)
Byungmoon Kim(Adobe Research)
Hao Li(USC Institute for Creative Technologies, Pinscreen)

本論文は、複雑で高品質なヘアスタイルを短時間(数分から数時間)で作成できるVR向けヘアモデリングツールを提案します。提案ツールを用いることで、ユーザはVR HMDを装着し、モーションコントローラを駆使して直感的にヘアモデリングができ、様々なブラシタイプを使用して、頭部モデルを参考に髪型をストロークしていくだけで、緻密で高品質なヘアモデルを作成できます。また、髪の毛だけでなく、髭や眉毛の作成も同じやり方で可能です。

本提案は、ユーザによる不正確なストークと詳細なヘアスタイルとを接続するためにdeep Learningアーキテクチャを用いており、ネットワークによって訓練された非線形分類器に基づいて、ユーザが意図するヘアスタイルを推定します。

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る