Seamless

V i r t u a l R e a l i t y

ペンシルベニア大学ら、GPU上のMPMシミュレーションシステムの拡張法を発表。弾塑性体/流体シミュレーションで実証

ペンシルベニア大学、ユタ大学、DreamWorks Animation、ウィスコンシン大学マディソン校の研究者らは、パーティクルとグリッドを使う粒子法の1つである「Material Point Method(MPM)」を用いたシミュレーション拡張法を発表しました。

論文:GPU Optimization of Material Point Methods
著者:MING GAO, XINLEI WANG, KUI WU, ANDRE PRADHANA, EFTYCHIOS SIFAKIS, CEM YUKSEL, CHENFANFU JIANG

本論文は、GPUの最適化に重点を置いたMPMシミュレーションシステムの拡張を提案します。論文では、提案手法を用いて、ドラゴンを溶かす流体シミュレーションと、ドラゴンを積み上げる弾塑性体シミュレーション等で実証します。