MITやIBMなど、画像の一部をなぞるだけで周囲と調和した別の画像に置き換えてくれる画像編集ツール「GANPaint Studio」発表

MIT CSAILやIBMなどによる研究チームは、敵対的生成ネットワーク「GAN(Generative Adversarial Network)」を用いた画像編集ツール「GANPaint Studio」を発表しました。

論文:Semantic Photo Manipulation with a Generative Image Prior

DAVID BAU, MIT CSAIL and MIT-IBM Watson AI Lab
HENDRIK STROBELT, IBM Research and MIT-IBM Watson AI Lab
WILLIAM PEEBLES, MIT CSAIL
JONAS WULFF, MIT CSAIL
BOLEI ZHOU, The Chinese University of Hong Kong
JUN-YAN ZHU, MIT CSAIL
ANTONIO TORRALBA, MIT CSAIL and MIT-IBM Watson AI Lab

本研究は、画像内の編集したい部分をなぞるだけで、ニューラルネットワークが周囲と調和した違う画像に変更するツールを提案します。初心者でも直感的に操作できる仕様で構成されており、1枚の画像に対して、カーソル操作でなぞればその部分がそれらしい画像に変更します。

また、なぞった部分を特定の何かに置き換えることもでき、例えばなぞった部分を全てドアにするみたいに、そうするとなぞった部分は全てそれらしいドアに置き換わります。というように、建物や自然、部屋などの限定的な画像のみですが、直感的かつ簡単に編集することができます。

オンラインデモも用意されており、ブラウザ上で試すことができます。

About

テクノロジー系の最新論文を紹介しているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆も連載除いて行なっています。yamashita.mailer(a)gmail.com

Seamlessをサポートできるプログラムも行なっています。

連載

ページ上部へ戻る