ジョージ・メイソン大学とAdobe、カラー画像をパレットベースに色分解するアルゴリズムを発表

ジョージ・メイソン大学とAdobe Researchの研究者らは、カラー画像をパレットベースに色分解する効率的な手法を発表しました。

論文:Efficient palette-based decomposition and recoloring of images via RGBXY-space geometry
著者:Jianchao Tan, Jose Echevarria, Yotam Gingold

本論文は、画像をパレットベースで自動的に分解するアルゴリズムを提案します。本アプローチは、RGBXY空間における画像のジオメトリに基づいてパレットカラーに対応したレイヤーで分解されます。ユーザは、分解した画像をリアルタイムかつインタラクティブに編集して、再構築および再描画することができます 。

 

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る